包茎手術は怖くない!包茎手術をすべき状態とは?

包茎手術とは、ペニスに被ったままになっている皮を取り除く手術のことを指します。
ペニスの血流が良くなり自信が付く他に、皮に繁殖する雑菌による病気や臭いに悩まされる必要がなくなります。
ですが、男性にとってナイーブな場所を手術するために、怖いというイメージを持つ人も少なくありません。
しかし、包茎手術は怖くありませんし、手順を踏めば安心して手術を受けることができます。
さらに、手術によってもたらされるメリットはかなり大きいと言えるでしょう。
安心して包茎手術受ける方法や、手術をすべき状態についてご紹介しましょう。

包茎手術の手順を知ろう

ペニスに皮が被っている状態である包茎手術は、出来るだけ早く受けた方が良い結果をもたらします。
そのためには、安心して手術を受けられるクリニックを探してください。
包茎手術を専門とするクリニックの多くは、無料相談にのってくれます。
無料相談を受けるには、まずウェブサイトや電話での受け付けが必要になります。
クリニックによっては、その場で軽いカウンセリングを受けられるので、プライバシーを心配することなく相談することができます。
気になる方は、あらかじめ男性スタッフが多いクリニックを選ぶことをお勧めします。

包茎手術を受けるべき状態は、ペニスの血流が阻害されることで痛みを感じたり、セックスであまり感じない場合です。
皮がペニスを圧迫することで血流が十分に行き届かないと、セックスにおいて様々な問題が生じるだけでなく、健康にも良くありません。
また、皮の間に雑菌が繁殖しやすいというデメリットも挙げられます。
そうすると、臭いの素になったり、場合によってはペニスの病気を引き起こすことにもなりかねません。
また、セックスの相手に病気を移してしまうことにもつながります。
適切なクリニックで手術を受けることで、早めに改善することをお勧めします。

包茎手術の具体的な方法

包茎手術の方法は状態によって大きく異なります。
一般的に包茎には真性包茎、仮性包茎、カントン包茎に分けられてそれぞれ違う手術が行われます。
皮が完全にペニスの全体を覆っている真性包茎や、亀頭の周辺が残るカントン包茎は皮を大きく除去する手術が必要です。
そのため保険が適用されます。皮の厚さやペニスの形で異なる方法が取られます。
使われるメスや切り取る場所、その方法なども事前に説明が行われるので確認しておきましょう。

手術の手順は具体的に、切り取る場所をマーキングした後に局部麻酔をかけて慎重にメスを入れるという方法が取られます。
皮が除去できたら縫合手術が行われます。
縫合の跡はほとんど目立ちません。手術が終わったら様子を見て、状態次第では包帯などで傷を守る手当てがされたり痛み止めが出されて終了です。

手術はおおよそ1時間半ほどで、その日のうちに帰宅できます。
また、当日からお風呂にも入ることができるようです。
予定の日が来たら抜糸をして終了です。
仮性包茎の場合は手術が必要ないと判断される場合もありますが、状態次第で手術が必要と判断されます。
仮性包茎の手術は保険適応が行われないので、必ず事前に確認しておきましょう。

包茎手術はアフターケアが必須

包茎手術で重要なのは、アフターケアです。包茎手術は余分な皮膚を除去したあと、残した皮膚を縫い合わせるので、見た目が重要な問題になってきます。
手術次第では手術痕が目立つ場合があるので、気になる場合は医師に相談しましょう。
包茎手術は切除する場所や縫い方で、術後の状態が大きく左右されてしまいます。
時間が経っても手術の跡が目立ってしまう場合は、再度の手術が必要になります。
場合によってはクリニックを変えて手術を受けることで、手術痕を目立たなくすることもできます。
手術による傷跡を見えなくする、リペアのための手術を専門に行っているクリニックもあるので、探してみてください。

また、ペニスから出血したり痛みを感じるようだったら、すぐにクリニックに予約を入れて術後の状態を見てもらいましょう。
そのままにしておくと傷口から雑菌が入ったりして、病気などを引き起こしてしまう可能性があります。
さらに、手術後は激しい運動はもちろん、自慰もしばらく我慢してください。
セックスも一か月ほど控えることがお勧めです。手術の痕をしっかりと塞いで、綺麗な状態にするためにも必要な期間です。
無理を避けて、良好な状態を保つことが重要です。

まとめ

包茎手術は信頼できるクリニックや医師に任せれば、不安を感じることなく安心して受けることができます。
そのためには、専門のクリニックや医師をしっかり選ぶことがポイントになります。
また、無料相談を受ける際に、不安を感じそうなことはその都度きちんと聞いておきましょう。
包茎はペニスの血流を阻害するだけでなく、時に性病を引き起こしたり、セックスの相手に移してしまうことにも繋がります。
早めに手術を行うことで、改善が見込まれます。
もし、不安に感じる点があればクリニックを変えたりして、納得の行く環境で治療に当たってください。